プロットとグラフィックス

プロットとグラフは,数学関数の挙動を可視化する方法です.Wolfram|Alphaを使って,関数,方程式,不等式のプロットを,一次元,二次元,あるいは三次元で生成しましょう.興味がある関数や方程式を,極座標表示,パラメトリックプロット,等高線プロット,領域プロットをはじめとする,数多くのタイプの可視化を使って詳しく調べ,視点を広げましょう.

関数

1変数の関数を,平面上で曲線としてグラフにする.

1変数の関数をプロットする:

変数の明示的な変域を指定する:

実数値の関数をプロットする:

特殊関数をプロットする:

複数の関数をプロットする:

対数スケールで関数をプロットする:

片対数スケールでプロットする:

More examples

3Dプロット

2変数の関数を三次元空間の曲面としてプロットする.

2変数の関数をプロットする:

変数の変域を明示的に指定する:

More examples

方程式

2変数または3変数の方程式の解集合をプロットする.

2変数の方程式の解をプロットする:

二次曲面をプロットする:

More examples

不等式

不等式または不等式系の解集合をプロットする.

2変数の不等式を満足する領域をプロットする:

複数の不等式を満足する領域をプロットする:

More examples

極プロット

点または曲線のグラフを極座標系で描く.

極プロットを描く:

変数θの値域を指定する:

More examples

パラメトリックプロット

二次元または三次元のパラメトリック方程式のグラフを描く.

パラメトリックプロットを描く:

パラメータの範囲を指定する:

三次元空間内でパラメトリック曲線を描画する:

三次元空間内でパラメトリック曲面を描画する:

More examples