導関数

導関数は,曲線の変化率を,指定された実変数または複素変数によって測ります.Wolfram|Alphaは,関数の微分可能性を調べたり,三角関数,対数,指数,多項式やその他多くのタイプの数式の導関数を計算するのに適したリソースを提供します.微分は物理,三角関数,解析,最適化,その他の分野において広く応用されています.

導関数

指定された変数について式を微分する.

関数の導関数を求める:

陰関数微分法

方程式によって陰的に定義された関数を微分する.

方程式を微分する:

陰関数微分を使って導関数を計算する:

抽象的な関数の導関数

任意関数の導関数を求める.

抽象的な関数を含む関数の導関数を計算する:

抽象的な関数の偏導関数を計算する:

高次導関数

高次導関数を計算する.

より高次の導関数を求める:

偏導関数

1つの変数についての偏導関数を求めたり,混合偏導関数を計算したりする.

偏導関数を計算する:

より高次の偏導関数を計算する:

微分可能性

関数が実数体上で微分可能かどうかチェックする.

関数の微分可能性を判定する:

GO FURTHER

ステップごとの解説:微積分

Webアプリ:微積分

無料で無制限の微積分練習問題

RELATED EXAMPLES

  • 代数
  • 積分
  • 積分変換
  • 極限
  • ベクトル解析
  • 方向導関数

    多変数関数の導関数を指定の方向で計算する.

    方向導関数を計算する: