オブジェクトの充填と被覆

Wolfram|Alphaの重要な特徴の一つに,数学の問題を興味深い現実の問題に一般化する点が挙げられます.数学の充填問題から連想して,日常の物をいくつ使えばあるものを充填したり被覆したりできるだろうかと,Wolfram|Alphaに尋ねることができます.

充填問題

日常の物で充填することで,三次元充填問題を一般化する.

あるコンテナをいっぱいにするのに必要なオブジェクトの数を推定する:

指定の体積を充填するのに必要なオブジェクトの数を推定する:

More examples

被覆問題

日常の物を使って,平面または曲面の被覆問題を一般化する.

ある別のオブジェクトを覆うのに必要となるオブジェクトの数を推定する:

指定面積を埋めるのに必要なオブジェクトの数を推定する:

More examples

長さの問題

日常の物を繋ぐことで,直線または曲線の被覆問題を一般化する.

ある別のオブジェクトの周囲に並べるのに必要となるオブジェクトの数を推定する:

指定の長さに並べるのに必要なオブジェクトの数を推定する:

More examples