グラフ理論

グラフ理論は有向または無向の辺で繋がれた頂点によって形成される構造を研究する数学の分野です.Wolfram|Alphaにはグラフ関連の多様な機能が揃っています.よく知られているグラフを調べたり,隣接リストからグラフを生成したり,彩色数のようなグラフの特性を計算したりすることができます.

名前付きグラフ

よく使うグラフを名前で特定する.そのグラフの特性を調べたり,比較や計算に使ったりする.

名前付きグラフの特性を計算する:

記号的パラメータでグラフを指定する:

いくつかのグラフを比較する:

グラフの多項式を得る:

More examples

隣接規則

グラフをその隣接リストを指定することによって構築する.よく知られたグラフの隣接リストを調べる.経路と閉路を見付ける.

隣接規則によって指定されたグラフを解析する:

オイラー閉路を計算する:

More examples

ランダムグラフ

頂点と辺の数を指定して,ランダムなグラフを生成する.

決まった数の頂点を持つランダムグラフを作成する:

頂点と辺の数を指定する:

More examples