積分変換

積分変換は,関数に作用して定義域を変える,線形数学演算子です.変換は,特定の積分や微分方程式を代数的に解きやすくするために使われます.積分変換の種類は多く,その用途も,画像処理や信号処理,物理,工学,統計,数学解析等さまざまです.

フーリエ変換

フーリエ変換を使って関数を分解する.

フーリエ変換を計算する:

逆フーリエ変換を計算する:

More examples

ラプラス変換

ラプラス変換を使って,実変数の関数を複素変数の関数に変換する.

ラプラス変換を計算する:

逆ラプラス変換を計算する:

More examples

メリン変換

数学関数のメリン変換を求める.

メリン変換を計算する:

More examples

Z変換

数式の離散Z変換を計算する.

数列のZ変換を計算する:

関数の逆Z変換を計算する:

More examples