数は,もともとはものを数えたり,数量を測ったりする必要に応えるために使われるようになった数学実体です.集計システムや数を数えることから始まって,整数,零,有理数,無理数等,より一般的な数的実体が必要になり,時の経過とともにより広い範囲の数の集合が使われるようになりました.これらの数とその他の数の集合とシステムについてのWolfram|Alphaの計算知識を使うと,数の特性を特定したり,それぞれの領域において,あるいは複数の領域間で,計算を行ったりすることができます.