数の認識

数の認識とは,厳密ではない形式でしか与えられていない入力について,意図される厳密形を求めることです.Wolfram|Alphaは,強力な数の認識機能を持っています.

数の認識

πやe等の既知の値を認識したり,小数の分数表記を求めたり,定数を使って数を表したりする.

近似数について考えられる閉形式を求める:

指定の定数で近似数を表す:

More examples