モアレ模様

数学におけるモアレ模様(モアレ縞とも呼ばれる)とは,類似の幾何学図形から作成された2つの模様によって生成される干渉現象のことです.Wolfram|Alphaは,正方格子または六角格子の形のモアレ模様を可視化することができます.回転角および/またはずれの距離を指定するオプションもあります.

モアレ模様

パラメータを指定してモアレ模様を可視化したり,モアレ模様生成器を得たりする.

モアレ模様を調べる:

オフセットや角度を使って干渉縞を調べる:

六角格子の干渉を調べる:

More examples